私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.07.18 Wednesday

直木賞に松井今朝子さん、芥川賞に諏訪哲史さん

0
    >>>2007年7月17日 Yahoo!ニュース 読売新聞より
    第137回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日夜、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞諏訪哲史さん(37)の「アサッテの人」(群像6月号)、直木賞松井今朝子(けさこ)さん(53)の「吉原手引草」(幻冬舎刊)が決まった。

    諏訪さんの受賞作は、「ポンパ」という意味不明の言葉を口走るなぞの叔父について、小説を書こうともがく様子を描いた作品。叔父の日記や語り手の「私」の記憶をたどることで、小説を書くとはどういうことかを見つめ直している。

    ・・・・・・・

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000211-yom-soci

    第137回直木賞受賞作
    吉原手引草
    吉原手引草

    著者:松井 今朝子
    出版社:幻冬舎(2007/03)
    ISBN:978-4344012950
    なぜ、吉原一の花魁葛城は、忽然と姿を消したのか? 遣手、幇間、女衒ーー人々の口から語られる廓の表と裏。やがて隠されていた真実が少しずつ明らかになっていく……。吉原を鮮やかに浮かび上がらせた、時代小説のあらたな傑作!


    おめでとうございます拍手


    2007.07.07 Saturday

    第137回芥川賞・直木賞候補作発表!

    0
      第137回芥川賞、直木賞の候補作が発表されました。

      ■芥川賞候補作

      円城 塔オブ・ザ・ベースボール』(『文學界6月号』文藝春秋)
      川上未映子わたくし率イン歯ー、または世界』(『早稲田文学0号』)
      柴崎友香主題歌』(『群像6月号』講談社)
      諏訪哲史アサッテの人』(『群像6月号』講談社)
      前田司郎グレート生活アドベンチャー』(『新潮5月号新潮社
      松井雪子アウラ アウラ』(『文學界3月号』文藝春秋)

      ■直木賞候補作

      玻璃の天
      玻璃の天

      著者:北村 薫
      出版社:文藝春秋(2007/04)
      ISBN:978-4163258300
      令嬢と女性運転手。昭和初期を舞台にした北村ワールド
      ステンドグラスの天窓から墜落死した思想家。事故か、殺人か──英子の推理が辿りついた切ない真相とは。大好評のシリーズ第2弾!



      赤朽葉家の伝説
      赤朽葉家の伝説

      著者:桜庭 一樹
      出版社:東京創元社(2006/12/28)
      ISBN:978-4488023935
      千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編


      まんまこと
      まんまこと

      著者:畠中 恵
      出版社:文藝春秋(2007/4/5)
      ISBN:978-4163258409
      呑気な跡とり・麻之助が人情のもつれをさばきます!
      江戸は神田の古い名主の家に生まれた麻之助。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが…。ふうわり胸が温まる畠中恵ワールド新シリーズ。



      鹿男あをによし
      鹿男あをによし

      著者:万城目 学
      出版社:幻冬舎(2007/04)
      ISBN:978-4344013148
      「さあ、神無月だ。出番だよ、先生」。2学期限定で奈良の女子高に赴任した28歳の主人公。ちょっぴり無神経な彼に下された、空前絶後の救国指令とは…。「鴨川ホルモー」の著者、渾身の書き下ろし590枚。
      >>>関連記事はコチラ


      吉原手引草
      吉原手引草

      著者:松井 今朝子
      出版社:幻冬舎(2007/03)
      ISBN:978-4344012950
      なぜ、吉原一の花魁葛城は、忽然と姿を消したのか? 遣手、幇間、女衒ーー人々の口から語られる廓の表と裏。やがて隠されていた真実が少しずつ明らかになっていく……。吉原を鮮やかに浮かび上がらせた、時代小説のあらたな傑作!


      俳風三麗花
      俳風三麗花

      著者:三田 完
      出版社:文藝春秋(2007/04)
      ISBN:978-4163258607
      句会シーンは読み応え十分。本邦初(?)の句会小説
      時は昭和のはじめ。教授の娘ちゑ、医学生の寿子、浅草芸者の松太郎。暮愁先生の句会で出会った3人の友情と恋模様を洒脱に描く



      夜は短し歩けよ乙女
      夜は短し歩けよ乙女

      著者:森見 登美彦
      出版社:角川書店(2006/11/29)
      ISBN:978-4048737449
      「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった!
      >>>関連記事はコチラ

      2007.06.26 Tuesday

      受動喫煙で認知症リスク増

      0
        >>2007年6月25日 時事通信(Yahoo!ニュース)より
        他人のたばこの煙に長年さらされると、認知症のリスクが高まることが、米カリフォルニア大バークレー校のタデウス・ヘイト氏らの調査研究で分かった。受動喫煙と認知症に関する調査は初めてとみられ、先月開かれた米国神経学会で発表された。

        ・・・・・・・・・・・・

        30年以上受動喫煙しているグループは、受動喫煙していないグループと比べ、認知症発症のリスクが約3割高かった。

        脳に血液を供給する頸(けい)動脈に異常がある場合、この傾向がより顕著であることも分かった。30年以上受動喫煙していて頸動脈の異常がある人は、受動喫煙も異常もない人の2.4倍のリスクだった。

        ・・・・・・・・・・・・

        <<http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000009-jij-int

        20年以上継続している喫煙者です。すみません。
        喫煙者よりも、喫煙者の周りで"副流煙"を吸っている(吸わされている)人への害が多いことは、以前から言われていますが、更に追い討ちをかける研究結果です。
        最近は、分煙・禁煙が普及してきましたので、公共の場や職場では、そういった部分での"安全性"は確保されつつあるようです。
        そうなると、残るは家庭内での喫煙ということですね。
        最も長時間・長期間、同じ空間にいる家族。
        う〜ん、家庭内でも分煙は止むを得ない、というか当然の義務ですな。

        喫煙者自身は・・・・・はぁ(タメ息)


        副流煙・・・・
        火のついた部分から立ち上る紫煙のことで、煙に含まれる200種以上の有害物質(ニコチン、タール、一酸化炭素など)の含有量は、主流煙より副流煙の方が多い

        主流煙・・・・
        喫煙者が直接吸い込む煙

        2007.06.16 Saturday

        ひざ軟骨の人工培養技術開発、再生医療に期待

        0
          >>2007年6月14日 読売新聞(Yahoo!ニュース)より
          従来は難しかったひざ軟骨の人工培養技術を、東京大学などが開発した。

          体内と同じ高圧環境下で培養するもので、国内で3000万人とも言われる変形性ひざ関節症の患者などへの再生医療に道を開くと期待される。
          米専門誌「ティッシュ・エンジニアリング」に発表された。

          東大では軟骨がすり減るため、ひざが痛み、歩行や階段昇降が困難になる変形性ひざ関節症の患者を3000万人と推計している。

          一部の患者には、ひざから採取した健康な軟骨細胞を培養した後、患部に注入する治療が試みられているが、培養中に病的なたんぱく質を持つ異常細胞ができる問題があった。

          ・・・・・・・・・・・・

          <<http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000506-yom-soci

          自分自身、過去にひざ関節を傷めており、常に鈍い痛みを感じていますので、このニュースは朗報であり、とても期待が大きいのです。
          ひざや足の痛み・故障は、自然とそれを庇うような体勢をとってしまいがちで、腰痛や肩こりなどにも繋がります。

          (できるだけ安価に)実用化されることを期待しています。研究者・開発者の方々の努力に感謝です。(まだ、ちょっと早いかな)


          ティッシュ・エンジニアリング(Tissue Engineering)」・・・・
          機能を失った臓器や組織の代替品を、生命科学と工学をうまく組み合わせてつくりだす考え(細胞を3次元的に培養してヒトの組織・臓器を人工的に形成する技術など)。
          「Tissue (ティッシュ)」とは、人のからだの「組織」のことを言う。

          2007.06.05 Tuesday

          坂上田村麻呂の墓か!?西野山古墓

          0
            平安時代初期の征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)(758−811)の墓が、山科区西野山岩ケ谷町の「西野山古墓(にしのやまこぼ)」である可能性が高いことが分かった。
            京都大文学研究科の吉川真司准教授(日本古代史)の文献調査の結果。
            平安後期の「清水寺縁起(きよみずでらえんぎ)」に田村麻呂の墓の位置や範囲を示す記述あり。
            平安時代の山科周辺の条里図(じょうりず)と照合、西野山古墓と一致。
            同古墓から1919年に出土した金装大刀や鏡(いずれも国宝)などの年代がほぼ同じころで、上級貴族が所有するような高級品なことから、田村麻呂の墓だと判断。
            現在、同古墓から南東約1・5キロの同区勧修寺東栗栖野町に田村麻呂の墓とされる遺跡がある。
            また、73年には民間の郷土史研究の論文で、吉川准教授と同じ方法によって、同古墓近くに田村麻呂の墓があるとする指摘がされている。
            <<<Yahoo!ニュース 京都新聞より

            墓の場所が記されていたのは、『縁起』におさめられた弘仁2(811)年10月19日付の「太政官符(だじょうかんぷ)」。
            行政の最高機関・太政官が土地を管理する民部省に送った文書で、田村麻呂の墓地として、「山城国宇治郡七条咋田西里栗栖村(くいたにしりくりすむら)」の水田、陸田(畑)、山(山林)を与える」と記されていた。
            山城国宇治郡は現在の京都市山科区一帯。
            『縁起』の「太政官符」の存在は研究者の間で知られていたが、墓の詳しい場所を記した部分は見落とされていた。
            <<< 産経新聞より

            伝説や神話ではなく実在した(はずの)歴史上の英雄、坂上田村麻呂の墓ですが、これまでは、上述の通り山科区勧修寺東栗栖野町にある「坂ノ上田村麻呂公園("ノ"が入る)」の「將軍塚」がそうであるとされていたようですが、今回の調査結果によってどうなるのか興味深いです。

            田村麻呂は、弘仁2年5月23日、54才で死去した際に、嵯峨天皇(さがてんのう)の勅によって甲冑・剣や弓矢を具した姿で、平安京にむかって立ったまま葬られた、と伝えられています。
            死してなお平安京の守護神とされたわけで、のち国家に危険ある時は塚の中で大きな音がしたといわれ、これを「將軍塚鳴動」といいます。

            ※坂上田村麻呂とは・・・・
            平安時代、劣勢にあった陸奥国(むつのくに)における蝦夷(えみし)との戦において、征夷大将軍に任命され、ついにこれを平定。蝦夷を率いる阿弖流為(アテルイ)母礼(モレ)の投降を受け入れた。
            阿弖流為と母礼の助命を強く進言するが聞き入れられず、二人は処刑された。
            以降、薬子の変(くすこのへん)の鎮圧などの武功もあり、後世、武門の象徴として崇められる。
            また、京都の清水寺を創建したと伝えられる。

            GO!過去記事
            『火怨−北の燿星アテルイ(上・下)』高橋克彦著

            ※薬子の変とは・・・・
            平安時代初期に起こった平城太上天皇と嵯峨天皇との対立から起きた内紛で、平城上皇の愛妾の藤原薬子らがその中心であったことからこう呼ばれてきたが、現在は「平城太上天皇の変」という表現に改められてきている。

            2007.05.28 Monday

            ハウステンボスで、カジノ設置構想

            0
              長崎県佐世保市のハウステンボス(HTB)が、カジノ設置構想を打ち出す。
              自民党が進める「カジノ法」(仮称)成立をにらんで検討。
              「滞在型リゾート」の切り札に。
              賛否両論あり。

              <<<Yahoo!ニュース 毎日新聞より


              石原慎太郎・東京都都知事がブチ上げたことで一躍有名(?)になった「カジノ構想」ですが、東京都や今回のハウステンボスだけでなく、各地方自治体を中心に本格的な検討が進んでいるようです。

              平成15年に「地方自治体カジノ研究会」が発足し、「日本におけるカジノ像や法制度のあり方」を検討。
              その研究結果報告書をとりまとめ、公表した後、平成16年に「地方自治体カジノ協議会」へと、カジノ実現に向けた、より具体的な検討を行い推進する組織に改組。

              正式メンバー(6都府県:東京、大阪、神奈川、静岡、和歌山、宮崎)
              オブザーバー(16道県:北海道、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、山梨、石川、愛知、奈良、広島、香川、長崎、大分、沖縄)

              ※現時点の増減は分かりませんが。

              2004年に自民党「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」が「ゲーミング(カジノ)法・基本構想(案)」を発表していますが、これが件の「自民党が進めるカジノ法(仮称)」の原案なのでしょうか。

              この話、結構進んでたんですな。


              2007.05.24 Thursday

              「メタル侍」ネット配信で見参!

              0
                東映京都撮影所(京撮)がネット配信用に制作していた映画が完成。
                第一弾は「メタル侍(ざむらい)」で、悪奉行たちの陰謀を謎の浪人が見参し、「ヘビ・メタ」の爆音で阻止する型破りな物語。
                ネット上で6月中旬に公開予定。
                若手スタッフの養成の場でもあるテレビ時代劇の制作が近年減少しており、ネット配信用映画は新たな人材育成の場として、京撮内で脚本を募り、監督のほか、撮影や照明などのスタッフも若手を起用する。
                ネット上での閲覧方法などは決まり次第公表される。

                <<<Yahoo!ニュース 京都新聞より


                ヘビメタ&時代劇とくれば、「劇団☆新感線」。折角ですから、あのくらいスピード感溢れるものを、思い切って作って欲しいと思います。

                20年くらい前に、「キネマの天地」という映画がありまして、日本映画の黄金時代を築いた巨匠たちの若かりし頃を描いたものでした。公開から数年後にテレビ放映で見ましたが、とても面白かった、と記憶しています。
                ネット配信映画の若手スタッフの中から、未来の巨匠(とまでは言いませんが)、良い映画人が生まれることに期待したいです。

                2007.05.21 Monday

                F1、将来はバイオ燃料のターボエンジン使用!?

                0
                  聞き耳を立てる F1を統括するFIA(国際自動車連盟)と自動車メーカー各社は、F1をより経済的に、より環境にやさしく、より一般のドライバーとの関連性を増すようにするため、バイオ燃料エンジンの導入を含め、2011年から導入される大規模な技術的変更について議論を進めている。

                  FIAは詳細を明らかにしていないが、イギリスのモータースポーツ専門誌『F1 Racing』6月号はその内容について、バイオ燃料を使用する2.2リッターV6ターボエンジンに変更し、最高回転数を10,000rpmに制限し、出力は約770馬力、また1エンジンで5レースを走行すると伝えている。

                  ※バイオ燃料とは...
                  穀物などを原料とする二酸化炭素排出量の少ないエネルギー資源で、ガソリンなどの石油燃料に替わる新たなエネルギーとして注目を集めている。

                  <<<Yahoo!ニュース ロイター通信他より

                  ついにF1にもバイオ燃料ですか。関係者の方達も懸念されているように、エンジン音やスピード、パワーといったF1の魅力を損なうことがないような研究・開発が重要でしょう。
                  個人的には、昨今のF1にはあまり惹かれるものがなく、というより、あれから相当な時間が過ぎましたが、やはり、セナのいた時代がピークだったと感じることで、魅力的に思うことを止めてしまっているような気がします。


                  2007.05.16 Wednesday

                  三島由紀夫賞・山本周五郎賞 受賞作品発表

                  0
                    新潮社より、各賞の受賞作品が発表されました。

                    拍手第二十回三島由紀夫賞は・・・

                     佐藤友哉氏『1000の小説とバックベアード』(新潮社)
                      2001年『フリッカー式―鏡公彦にうってつけの殺人―』でメフィスト賞を受賞しデビューした26歳の気鋭です。


                    拍手第二十回山本周五郎賞は・・・

                     森見登美彦氏『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店)
                      2003年、『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー、本作は2007年本屋大賞で僅差の第2位となった作品です。  

                     恩田陸氏『中庭の出来事』(新潮社)
                      『球形の季節』『ライオンハート』『チョコレートコスモス』、そして第2回本屋大賞に輝いた『夜のピクニック』等々、多くのベストセラーを発表し続ける、今や大御所です。

                    ============================
                    その他の授賞候補作品
                     三島由紀夫賞
                      西川美和氏『ゆれる』(ポプラ社)
                      本谷有希子氏『生きてるだけで、愛。』(新潮社)
                      柴崎友香氏『また会う日まで』(河出書房新社)
                      いしいしんじ氏『みずうみ』(河出書房新社)

                     山本周五郎賞
                      恒川光太郎氏『雷の季節の終わりに』(角川書店)
                      伊坂幸太郎氏『フィッシュストーリー』(新潮社)
                      楡周平氏『陪審法廷』(講談社)


                    ※三島由紀夫賞とは....
                     小説、評論、詩歌、戯曲を対象に、文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授賞されます。

                    ※山本周五郎賞とは....
                     小説を対象に(他の分野も対象になることもある)、すぐれて物語性を有する新しい文芸作品に授賞されます。

                    2007.05.15 Tuesday

                    Windows UpdateでPCが高負荷になる問題

                    0
                      マイクロソフトは、Windows XPおよびWindows Server 2003で、Microsoft UpdateまたはWindows Updateを行なった際に、エラーコード0x8DDD0009が表示されアップデートに失敗することや、CPU使用率が高い状態となりアップデートが長時間完了しないといった現象が発生するという問題についての技術情報を公開した。
                      回避策として、更新プログラム927891Windows Update Agent 3.0をダウンロードしてインストールすることを挙げている。
                      また、Windows 2000の場合には、Windows Update Agent 3.0のみをインストールすることとしている。

                      <<<Yahoo!ニュースより


                      ここ2〜3日、この事象に悩まされていました。書いてあるまんまです。
                      まず、WindowsUpdateで"エラーコード0x8DDD0009"発生し、失敗。
                      で、その後、PC立ち上げると、今度はCPU使用率がほぼ100%近くまで上昇し、全く何も(マウスクリックも、Ctrl+Alt+Delも)受け付けてくれず、途方に暮れる。
                      仕方なく、電源を強制OFF。

                      正直、ビビッてました。感染したか?って。
                      かなり焦りましたぜ、ゲイツの旦那あ!唖然
                      ああ、でも、この記事見つけて、ちょっと一安心です。

                      ということで、詳細は下記にて、どうぞ。


                        http://support.microsoft.com/kb/937383/

                      ああ、おっかねえ冷や汗


                      ▲top