私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 三崎亜記(みさきあき)の本 | TOP | 第140回芥川賞・直木賞受賞作 >>

2008.07.16 Wednesday

山本兼一(やまもとけんいち)の本

0
    第139回芥川賞・直木賞(平成20年度上半期)の候補に選出された『千両花嫁 とびきり屋見立て帖』作者、山本兼一(やまもとけんいち)氏の作品。

    千両花嫁―とびきり屋見立て帖
    千両花嫁―とびきり屋見立て帖
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    時は幕末。将軍上洛の知らせが駆け抜ける京都で、真之介とゆずは「とびきり屋」という道具屋を構えた。ゆずは、京で屈指の茶道具屋の愛娘。真之介は、そこの奉公人だったが、ゆずと駆け落ちして夫婦になったばかり。一癖ある丁稚たちを仕込みながら、いわくつきの御道具をさばき、血気盛んな新撰組や坂本龍馬らと渡り合う。“見立て”と“度胸”で、動乱の世を渡る夫婦の成長物語には、政治に左右されない庶民の強さが感じられる。“はんなり”系痛快時代小説の誕生。
    出版社:文藝春秋(2008/05)
    ISBN:9784163270500
    >>>第139回直木賞候補作品

    弾正の鷹
    弾正の鷹
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    これぞ短編の妙味! 松本清張賞作家の傑作時代小説
    信長の首を獲(と)る それが我が定め!
    鉄砲撃ち、鷹匠、乱波……
    凄腕の刺客とその恋の行方は!?
    この恋、信長の命次第!
    出版社:祥伝社(2007/07)
    ISBN:9784396632830

    火天の城 (文春文庫 や 38-1)
    火天の城 (文春文庫 や 38-1)
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    信長の夢は、天下一の棟梁父子に託された。天に聳える五重の天主を建てよ! 巨大な安土城築城を命じられた岡部又右衛門と以俊は、無理難題を形にするため、前代未聞の大プロジェクトに挑む。信長の野望と大工の意地、情熱、創意工夫――すべてのみこんで完成した未曾有の建造物の真相に迫る松本清張賞受賞作。
    出版社:文藝春秋(2007/06)
    ISBN:9784167735012
    >>>第11回松本清張賞受賞
    >>>第132回直木賞候補作品

    いっしん虎徹
    いっしん虎徹
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    越前にて名を上げていた甲冑鍛冶・長曽祢興里(ながそねおきさと)(のちの虎徹)には、壮大な夢があった。自らが鍛え上げた当代随一の甲冑を一刀のもとで叩き切る刀を鍛える――。興里は、己を超えるべく、重病の妻を伴い江戸に出た。
    一振りの刀のために己の命をもかけた伝説の刀鍛冶「虎徹」の波乱万丈の一代記。
    出版社:文藝春秋(2007/04)
    ISBN:9784163258508

    白鷹伝―戦国秘録 (祥伝社文庫 や 13-1)
    白鷹伝―戦国秘録 (祥伝社文庫 や 13-1)
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    第11回松本清張賞 受賞作家のデビュー作
    信長、秀吉、家康に仕えた伝説の鷹匠一代記!
    文芸評論家・縄田一男氏、賞賛!
    「戦国武将の動向を大陸と二重写しにする視点、家次が秘やかに思いを寄せるお市の方の描き方など、心憎いばかりである」
    出版社:祥伝社(2007/04)
    ISBN:9784396333492

    雷神の筒
    雷神の筒
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    信長の鉄砲隊を作った男の苛烈な生涯。
    天下を狙い撃て! 鉄砲伝来後、いちはやくその威力に気づいた橋本一巴。まだ尾張の弱小勢力であった織田信長のもとで、苦労して鉄砲隊を作り上げてゆく。壮大なスケールで描く絢爛歴史小説。
    出版社:集英社(2006/11)
    ISBN:9784087753691

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://l-blog.dosoon.net/trackback/989682

    トラックバック

    ▲top