私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 新野剛志(しんのたけし)の本 | TOP | 山本兼一(やまもとけんいち)の本 >>

2008.07.15 Tuesday

三崎亜記(みさきあき)の本

0
    第139回芥川賞・直木賞(平成20年度上半期)の候補に選出された『鼓笛隊の襲来』作者、三崎亜記(みさきあき)氏の作品。

    鼓笛隊の襲来
    鼓笛隊の襲来
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    戦後最大規模の鼓笛隊が襲い来る夜を、義母とすごすことになった園子の一家。避難もせず、防音スタジオも持たないが、果たして無事にのりきることができるのか――。
    表題作ほか書下ろし1編を含む全9編。眩いほどに不安定で鮮やかな世界を見せ付ける、贅沢な傑作短編集。
    出版社:光文社(2008/03)
    ISBN:9784334926014
    >>>第139回直木賞候補作品

    失われた町
    失われた町
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    ある日突然、大切な人が「消滅」したら?
    30年に一度、突然一つの町の住民が跡形もなく「消滅」する世界。大切な人を失った人々の思いは?「消滅」との戦いの行方は? 驚異の新人・三崎亜記が贈る待望の長編、「町」シリーズ第2弾!!
    出版社:集英社(2006/11)
    ISBN:9784087748307
    >>>2007年本屋大賞第9位

    バスジャック
    バスジャック
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    あの『となり町戦争』に続く衝撃作!
    話題のデビュー作に続く注目の第2作。バスジャックブームの昨今、人々はこの新種の娯楽を求めて高速バスに殺到するが…。表題作他、奇想あり抒情ありの多彩な筆致で描いた全7編を収録。
    出版社:集英社(2005/11)
    ISBN:9784087747867

    となり町戦争 (集英社文庫)
    となり町戦争 (集英社文庫)
    >>>内容紹介(出版社HPより)
    現代的戦争の恐怖。
    ある日、突然に始まった隣接する町同士の戦争。公共事業として戦争が遂行され、見えない死者は増え続ける。現代の戦争の狂気を描く傑作。文庫版のみのボーナストラック短編を収録。小説すばる新人賞受賞作品。
    出版社:集英社(2006/12)
    ISBN:9784087461053
    >>>第17回小説すばる新人賞
    >>>第133回直木賞候補作品

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://l-blog.dosoon.net/trackback/988348

    トラックバック

    ▲top