私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 『熱球』重松清(著) | TOP | 第138回芥川賞・直木賞 決定 >>

2008.01.15 Tuesday

『おまけのこ』畠中恵(著)

0
    待ちに待った『しゃばけ』シリーズ第4弾の文庫版です。
    昨年、ちらりとTVでスペシャルドラマ化放映されました(しゃばけ)が、残念ながら観逃してしまいました。どんな出来だったんでしょうかね?
    (あやかし)の中でも鼻つまみ者の狐者異(こわい)の悲哀を描いた「こわい」は、なんだか切ないですねえ。今回収録の5作品は、なんだかシミジミとした人情時代劇風で、じんわりと響いてくるものばかりでした。
    第5弾は、やっと新刊版が出たとこですんで、随分と待たなきゃなんないんでしょうなあ。


    おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)
    おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)
    著者:畠中 恵
    装画・挿画:柴田ゆう
    出版社:新潮社(2007/11)
    ISBN:9784101461243

    >>>内容紹介
    一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか? 心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。じっくりしみじみ、お楽しみ下さい!
    <<<


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://l-blog.dosoon.net/trackback/680730

    トラックバック

    ▲top