私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< メンタルヘルス関連本特集供楚瓦良造砲かったかなと思ったら | TOP | メンタルヘルス関連本特集検楚瓦良造梁慮鈎 >>

2009.05.28 Thursday

メンタルヘルス関連本特集掘楚瓦良造砲發気泙兇泙並え方がある

0
    あなたの心は疲れていませんか?
    新入生・新社会人の方々は新しい環境に慣れ始めたかと思いますが、一方でまだまだなじめないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、心配なのがいわゆる5月病。
    もし、自分の心の状態に不安を感じたら、メンタルケアについてちょっと調べてみませんか。



    間違いだらけのメンタルヘルスicon
    iconicon
    日本のメンタルヘルス活動の草分けである著者が語るメンタルヘルスの真実。メンタルヘルス活動に従事する人々のみならず、社会に生きる全ての人々に向けて発信する、「真実の書」。
    著者:久保田浩也
    出版社:法研(2008/04)
    ISBN:9784879547125


    会社でうつ休むと元気ハツラツな人icon
    iconicon
    ウツと申告して会社を休んで海外旅行している新入社員はいないか。これは今、注目されている新しい心の病「ディスチミア」。「ディスチミア」の症状や実例などを紹介し、その詳細を明らかにする。
    著者:海原純子
    出版社:文藝春秋(2008/11)
    ISBN:9784163707808


    医者が心の病に無力なワケicon
    iconicon
    精神科に行ってはいけない。そこで待つのは恐ろしいクスリ漬け地獄。心を病む人に、心を破壊する「化学物質」を投薬すれば、さらに心は壊れていく…。日本の精神医療に警鐘を鳴らし、心の病の正しい治療法を紹介。
    著者:船瀬俊介
    出版社:三五館(2008/02)
    ISBN:9784883204236


    「心の病」なんかない。icon
    iconicon
    仕事や勉強のプレッシャー、うつ、不安、無気力、孤立感にもう苦しまない。日本経済新聞夕刊の人気連載「こころの健康学」が本になった。つらい気持ちが軽くなる、100の考え方を指南する。
    著者:大野裕
    出版社:幻冬舎(2006/05)
    ISBN:9784344011694


    それってホントに「うつ」?icon
    iconicon
    「職場うつ」への画一的で誤った常識や対応策を打破。有給で休職しながら遊ぶという「現代型うつ病」の正体を解き明かし、4種類に大別できる「職場うつ」の、各病態への本当の理解を促す知識、対応策を説く。
    著者:吉野聡
    出版社:講談社(2009/03)
    ISBN:9784062152785


    擬態うつ病icon
    iconicon
    氾濫するうつ病情報が、擬態うつ病を生み出している。薬を飲んでも全くよくならないと訴える自称「うつ病」の人の数は膨大である。似て非なるうつ病=擬態うつ病の社会的背景を分析し本当のうつ病との違いを考察。
    著者:林公一
    出版社:宝島社(2001/12)
    ISBN:9784796625173


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://l-blog.dosoon.net/trackback/1173740

    トラックバック

    ▲top