私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 新しい責任の時代 | TOP | メンタルヘルス関連本特集供楚瓦良造砲かったかなと思ったら >>

2009.05.26 Tuesday

メンタルヘルス関連本特集〜心の病とはどういうものなのか

0
    あなたの心は疲れていませんか?
    新入生・新社会人の方々は新しい環境に慣れ始めたかと思いますが、一方でまだまだなじめないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、心配なのがいわゆる5月病。
    もし、自分の心の状態に不安を感じたら、メンタルケアについてちょっと調べてみませんか。



    心の危機管理ハンドブック 改訂版icon
    iconicon
    ストレス診断テストで自分の適正を知り、ストレスとうまく付き合うための入門書。ケーススタディやフローチャート、各種診断テストを活用し、ストレスの要因や自己管理術などについてわかりやすく解説。
    著者:マインメンタルヘルス研究所、山崎友丈、佐藤泰三
    出版社:ぎょうせい(2008/04)
    ISBN:9784324084205


    心の病と精神医学 第2版icon
    iconicon
    様々な「心の病」と、それを治療する「精神医学」の概要を、やさしくコンパクトにまとめ、「心の病」にかかった場合の実践的なアドバイスを紹介する。最新情報を盛り込んだ待望の改訂増補版。
    著者:影山任佐
    出版社:ナツメ社(2007/11)
    ISBN:9784816344091


    ビジネスマンの心の病気がわかる本icon
    iconicon
    うつ、対人恐怖、パニック発作…。職場で起こりやすい心のトラブルと、その背景として考えられる病気、そして対応の方法を、例を挙げつつイラスト図解する。ストレス解消のアイデアも数多く紹介する。
    著者:山本晴義
    出版社:講談社(2007/05)
    ISBN:9784062594141


    メンタルヘルスicon
    iconicon
    特に問題が起きやすい、学校・家庭・職場に対象を絞り、そこで今どんな変化が起きているのか、それが心にどんな影響を及ぼしているかを報告。長期間の臨床現場でのデータを基に、不調の原因から対処法までを概観。
    著者:藤本修
    出版社:中央公論新社(2006/11)
    ISBN:9784121018731


    心の病気の薬がわかる本 新版icon
    iconicon
    心の病気を治療中の患者と、その周囲の人向けの精神科治療薬のガイドブック。効能・効果、所要量、飲む時の注意点、副作用、相互作用など、疑問や不安にわかりやすく答える。
    著者:中河原通夫
    出版社:法研(2005/03)
    ISBN:9784879545633


    面白いほどよくわかる臨床心理学icon
    iconicon
    発達障害、不登校、PTSDなど「心の問題」が注目され、臨床心理士の資格取得者も増加の傾向にある。本書は人の心を理解し、治療する臨床心理士という仕事や、果たしている役割を理解し、人の心を知るための1冊。
    著者:稲富正治
    出版社:日本文芸社(2005/02)
    ISBN:9784537252583


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://l-blog.dosoon.net/trackback/1172850

    トラックバック

    ▲top