私的読書ナビ −たまに読むならこんな本−

おもしろい本、オススメの本、話題の本、書籍の新刊情報のご紹介サイトです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.05.30 Saturday

メンタルヘルス関連本特集検楚瓦良造梁慮鈎

0
    あなたの心は疲れていませんか?
    新入生・新社会人の方々は新しい環境に慣れ始めたかと思いますが、一方でまだまだなじめないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、心配なのがいわゆる5月病。
    もし、自分の心の状態に不安を感じたら、メンタルケアについてちょっと調べてみませんか。



    ヘンでいい。icon
    iconicon
    治さない精神科医・斎藤学に「主張する患者」が挑んだ“こころ”問答。笑いと涙と激論の末に見えてくる、こころの治療の本質とは。当事者と医師の本音のぶつかり合いが心理学の常識を塗り替える、前代未聞の対話録。
    著者:斎藤学、栗原誠子
    出版社:大月書店(2009/04)
    ISBN:9784272360659


    〈心の病〉をくぐりぬけてicon
    iconicon
    多くの人が直面していると言われる「心の病」。当事者として、統合失調症の患者体験、そして自らを取り巻く社会を、細やかに、時にはユーモアを交えて語る。読売新聞連載時の読者からの反響も収録。
    著者:森実恵
    出版社:岩波書店(2006/03)
    ISBN:9784000093712


    本当に「うつ」が治ったマニュアルicon
    iconicon
    うつに悩む100万人に贈る決定版。脳の医師でありながら激しい「うつ」に苦んだ著者が、完全にうつを克服した経験と知恵をわかりやすく伝授する。うつを予防するための日常生活の工夫も紹介。
    著者:高田明和
    出版社:廣済堂出版(2009/05)
    ISBN:9784331513828


    うつ病は治るicon
    iconicon
    うつ病は、あなたが一生懸命頑張って生きてきたから、神様が与えてくれた、人生の中の少し長い夏休み。うつ病を発想の転換から克服した著者が、うつ病発症から完全社会復帰までを赤裸々に綴る闘病記。
    著者:香山風太
    出版社:東京図書出版会(2009/03)
    ISBN:9784862233271


    パパは楽しい躁うつ病icon
    iconicon
    「躁うつ病」という名前を世に知らしめた精神科医で作家の父・北杜夫と、「当家の主人、発狂中」の看板を門に飾った娘・斎藤由香。一家の40年にわたる破天荒な生活を、父と娘が初めて語りあった、爆笑対談集。
    著者:北杜夫、斎藤由香
    出版社:朝日新聞出版(2009/01)
    ISBN:9784022504999


    僕のうつ人生icon
    iconicon
    中学生の頃から60数年間うつ病と闘い続けながらも多くの業績を残したそのコツとは。“うつの大ベテラン”である著者が、病気との上手な向き合い方、気楽な付き合い方を提案する。
    著者:谷沢永一
    出版社:海竜社(2009/02)
    ISBN:9784759310580


    2009.05.28 Thursday

    メンタルヘルス関連本特集掘楚瓦良造砲發気泙兇泙並え方がある

    0
      あなたの心は疲れていませんか?
      新入生・新社会人の方々は新しい環境に慣れ始めたかと思いますが、一方でまだまだなじめないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、心配なのがいわゆる5月病。
      もし、自分の心の状態に不安を感じたら、メンタルケアについてちょっと調べてみませんか。



      間違いだらけのメンタルヘルスicon
      iconicon
      日本のメンタルヘルス活動の草分けである著者が語るメンタルヘルスの真実。メンタルヘルス活動に従事する人々のみならず、社会に生きる全ての人々に向けて発信する、「真実の書」。
      著者:久保田浩也
      出版社:法研(2008/04)
      ISBN:9784879547125


      会社でうつ休むと元気ハツラツな人icon
      iconicon
      ウツと申告して会社を休んで海外旅行している新入社員はいないか。これは今、注目されている新しい心の病「ディスチミア」。「ディスチミア」の症状や実例などを紹介し、その詳細を明らかにする。
      著者:海原純子
      出版社:文藝春秋(2008/11)
      ISBN:9784163707808


      医者が心の病に無力なワケicon
      iconicon
      精神科に行ってはいけない。そこで待つのは恐ろしいクスリ漬け地獄。心を病む人に、心を破壊する「化学物質」を投薬すれば、さらに心は壊れていく…。日本の精神医療に警鐘を鳴らし、心の病の正しい治療法を紹介。
      著者:船瀬俊介
      出版社:三五館(2008/02)
      ISBN:9784883204236


      「心の病」なんかない。icon
      iconicon
      仕事や勉強のプレッシャー、うつ、不安、無気力、孤立感にもう苦しまない。日本経済新聞夕刊の人気連載「こころの健康学」が本になった。つらい気持ちが軽くなる、100の考え方を指南する。
      著者:大野裕
      出版社:幻冬舎(2006/05)
      ISBN:9784344011694


      それってホントに「うつ」?icon
      iconicon
      「職場うつ」への画一的で誤った常識や対応策を打破。有給で休職しながら遊ぶという「現代型うつ病」の正体を解き明かし、4種類に大別できる「職場うつ」の、各病態への本当の理解を促す知識、対応策を説く。
      著者:吉野聡
      出版社:講談社(2009/03)
      ISBN:9784062152785


      擬態うつ病icon
      iconicon
      氾濫するうつ病情報が、擬態うつ病を生み出している。薬を飲んでも全くよくならないと訴える自称「うつ病」の人の数は膨大である。似て非なるうつ病=擬態うつ病の社会的背景を分析し本当のうつ病との違いを考察。
      著者:林公一
      出版社:宝島社(2001/12)
      ISBN:9784796625173


      2009.05.27 Wednesday

      メンタルヘルス関連本特集供楚瓦良造砲かったかなと思ったら

      0
        あなたの心は疲れていませんか?
        新入生・新社会人の方々は新しい環境に慣れ始めたかと思いますが、一方でまだまだなじめないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、心配なのがいわゆる5月病。
        もし、自分の心の状態に不安を感じたら、メンタルケアについてちょっと調べてみませんか。



        「うつ」かな?と思ったら読む本icon
        iconicon
        やる気が起きない。眠れない。何をしても楽しくない。それは「うつ」のサインかも。「焦らずにゆっくり生きよう」「決め付けるよりは柔らかなマインドで」など、「心の名医」モタさんが悩みに答える。
        著者:斎藤茂太
        出版社:アスペクト(2009/03)
        ISBN:9784757216631


        日曜日のメンタルヘルス相談室icon
        iconicon
        いろいろあっても大丈夫。きっとなんとかなるはずさ。本書では、心の整理術、心の元気を取り戻すとっておきの裏技などを紹介。現役の企業カウンセラーが教える、会社に行くのがちょっぴりラクになる考え方。
        著者:和田憲明
        出版社:PHP研究所(2008/07)
        ISBN:9784569699752


        「心の病気かもしれない」と思ったら読む本icon
        iconicon
        精神科医が教える、ちょっと不安になった時のココロの処方箋。日常に潜んでいる心の病気についてわかりやすく説明。ふだんの生活で気をつけること、気持ちの整理方法、周りの人との付き合い方についても解説。
        著者:緒方歩
        出版社:アスカ・エフ・プロダクツ(2007/04)
        ISBN:9784756910868


        あの人が「心の病」になったとき読む本icon
        iconicon
        ある日、突然「心の病」はやってくる。いい人、真面目な人ばかりがどうしてなるのか。誰でもなりうる心の病の8つのケース・スタディと心構えなどを、ストーリーマンガと専門医のコメント付きでわかりやすく解説。
        著者:草田みかん、保坂隆
        出版社:PHP研究所(2008/08)
        ISBN:9784569692739


        身近な人が「心の病」か迷ったときに読む本icon
        iconicon
        身の回りの人が何か悩んでいる時、私たちは「心の病」かをどう見分け、どう対処したらよいのか。思春期・青年期・中高年期・老年期に分け、今気になる心の問題と周囲の人の対処法をわかりやすく解説。
        著者:磯部潮
        出版社:小学館(2008/08)
        ISBN:9784093045353


        心の病は食事で治すicon
        iconicon
        ファストフードがキレやすくする。本書では、心の病を正しい食生活、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸をうまく摂取することで治す「分子整合精神医学」という方法を紹介。健全な精神は健全な食事でつくろう。
        著者:生田哲
        出版社:PHP研究所(2005/03)
        ISBN:9784569640730


        「うつ」は温めて治すicon
        iconicon
        心の病気は、体の冷えを取って治す。「うつ」治療に実績をあげた医師たちが、「うつ」をやわらげる食事、運動、ツボ押し、湯たんぽ加熱、アロマテラピーなど、誰もが手軽に実行できる方法をわかりやすく紹介する。
        著者:田中朱美、班目健夫
        出版社:ソフトバンククリエイティブ(2009/05)
        ISBN:9784797345117


        女はみんな「うつ」になるicon
        iconicon
        仕事・恋愛・結婚・子育て・母娘関係…。女性を悩ます「うつ」について、その原因と対処法、乗り切り方を精神科医の香山リカがアドバイス。カレシやダンナにも読んでほしい1冊。
        著者:香山リカ
        出版社:中央法規出版(2009/04)
        ISBN:9784805830130


        女性の心の病気を治す本icon
        iconicon
        うつ病、パニック障害、アルコール依存症など、心の病気を発症する女性が増えている。女性が心の病気にかかりやすい原因から、症状の見方・考え方、治療法、薬との上手な付き合い方まで、わかりやすく解説。
        著者:山田和男
        出版社:主婦と生活社(2006/04)
        ISBN:9784391131802


        「うつ」な人ほど幸せになれるicon
        iconicon
        生理や妊娠・出産など、女性の心と身体は、男性の何倍も揺らぎがある。この女性ならではの揺らぎを利用して、柳のようにしなやかに、うつと付き合っていこう。うつとの付き合いを工夫し、幸せになる方法を提案する。
        著者:井ノ瀬珠実
        出版社:アスカ・エフ・プロダクツ(2006/09)
        ISBN:9784756910158


        2009.05.26 Tuesday

        メンタルヘルス関連本特集〜心の病とはどういうものなのか

        0
          あなたの心は疲れていませんか?
          新入生・新社会人の方々は新しい環境に慣れ始めたかと思いますが、一方でまだまだなじめないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな時、心配なのがいわゆる5月病。
          もし、自分の心の状態に不安を感じたら、メンタルケアについてちょっと調べてみませんか。



          心の危機管理ハンドブック 改訂版icon
          iconicon
          ストレス診断テストで自分の適正を知り、ストレスとうまく付き合うための入門書。ケーススタディやフローチャート、各種診断テストを活用し、ストレスの要因や自己管理術などについてわかりやすく解説。
          著者:マインメンタルヘルス研究所、山崎友丈、佐藤泰三
          出版社:ぎょうせい(2008/04)
          ISBN:9784324084205


          心の病と精神医学 第2版icon
          iconicon
          様々な「心の病」と、それを治療する「精神医学」の概要を、やさしくコンパクトにまとめ、「心の病」にかかった場合の実践的なアドバイスを紹介する。最新情報を盛り込んだ待望の改訂増補版。
          著者:影山任佐
          出版社:ナツメ社(2007/11)
          ISBN:9784816344091


          ビジネスマンの心の病気がわかる本icon
          iconicon
          うつ、対人恐怖、パニック発作…。職場で起こりやすい心のトラブルと、その背景として考えられる病気、そして対応の方法を、例を挙げつつイラスト図解する。ストレス解消のアイデアも数多く紹介する。
          著者:山本晴義
          出版社:講談社(2007/05)
          ISBN:9784062594141


          メンタルヘルスicon
          iconicon
          特に問題が起きやすい、学校・家庭・職場に対象を絞り、そこで今どんな変化が起きているのか、それが心にどんな影響を及ぼしているかを報告。長期間の臨床現場でのデータを基に、不調の原因から対処法までを概観。
          著者:藤本修
          出版社:中央公論新社(2006/11)
          ISBN:9784121018731


          心の病気の薬がわかる本 新版icon
          iconicon
          心の病気を治療中の患者と、その周囲の人向けの精神科治療薬のガイドブック。効能・効果、所要量、飲む時の注意点、副作用、相互作用など、疑問や不安にわかりやすく答える。
          著者:中河原通夫
          出版社:法研(2005/03)
          ISBN:9784879545633


          面白いほどよくわかる臨床心理学icon
          iconicon
          発達障害、不登校、PTSDなど「心の問題」が注目され、臨床心理士の資格取得者も増加の傾向にある。本書は人の心を理解し、治療する臨床心理士という仕事や、果たしている役割を理解し、人の心を知るための1冊。
          著者:稲富正治
          出版社:日本文芸社(2005/02)
          ISBN:9784537252583


          ▲top